2014年02月09日

DORA麻雀の役「大三元」 & 映画「ハウルの動く城」の感想

これから「スポーツの秋」なので、
何か競技を習慣化させようかなハァーイ!L(´▽`L )

どれにしようかな?(〃゚д゚;A アセアセ・・・
スポーツと言えばソフトボールでしょうか
私に限ってはアセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

けれども、独りでやるとやると続けるのはむずかしいだろうな~ヽ(● ´ ー ` ●)/
誰か一緒にやれるパートナー緩墓_(-_- )ノ彡☆ばんばん!

---------------

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を紹介したい!と考えています(○゚ε゚○)プププー
とは言ってもみんなのシネマレビューですが☆^∇゜) ニパッ!!


今回は「ハウルの動く城」の感想ですねヾ(●´▽`●)ノ彡☆勹"ノヽノヽノヽノヽノヽ


この映画が作られた年は2004年です!!!

監督は宮崎駿で、脚本が宮崎駿です。( ̄▽ ̄)うへへへぇ~

この映画でメインで出てくるのは、ソフィー (声は倍賞千恵子)です(*'へ'*) ンー

取り敢えず、この映画の声優さんを列挙すると、倍賞千恵子、木村拓哉、美輪明宏、我修院達也、神木隆之介、伊崎充則、大泉洋、大塚明夫、原田大二郎、加藤治子って感じですね。(゚m゚*)プッ

宮崎作品にしては、珍しく急いで作り過ぎたのかな?城内外の細部に

渡る描き方や最期に板一枚になる姿に

は、作者のハウル城に対するなみなみならぬ愛着とこだわりを

非常に感じるが、その一方で、人間の善悪やソフィーの恋心が

描ききれていない。



バランスが残念。

海外ではたとえ評価されても、ジブリ作品に

馴れ親しんだ日本では厳しいかも。



待ち焦がれた4番打者には、観客は

常にホームランを期待するから。





---------------

麻雀の役って一杯ありますよね~ィェーィv(▼ω▼メ)ゞ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は大三元に焦点を当てたいと思います。。。ヘ(゚Q゚)ノ~ ウケケケ...


役満の1つ。白、發、中の三元牌(サンゲンハイ)をそれぞれ全て刻子(こうつ)(3つ揃える)にした状態で上がると成立する。他牌の制限は無し(ノ∇≦、)ノ彡☆ キャハハ!!バンバンッ!!


本来の役名の呼び方は「ターサンユワン」であるが、
日本では慣習的に、漢字の音読みで「ダイサンゲン」と呼ぶのが一般的です(⌒-⌒)ニコニコ...


國士舞双(コクシ)、四暗刻(すーあんこー)と合わせて「出しやすい役満」として有名    フラー ~~~(((m-_-)m|EXIT|


制限される牌が3種9枚しかないため比較的和了りやすい役満であり、
鳴きの制限(ポンやチーの喰い制限)もないので、
トイツとして三元牌(サンゲンハイ)があった場合は鳴きを入れて刻子(こうつ)として確定させた方が後々有利になります(= ̄∇ ̄=) ニィ


だけど、全12枚の内の9枚を集める必要があるから、
作りやすいだけに他家にも手がバレやすく、警戒もされやすいヤレヤレ… ヽ(゚~゚o)ノ アキマヘンワ

他の人の警戒心が強いとどれか1つでも鳴くだけで、それ以降は三元牌(さんげんはい)が切られなくなる際もあるのです。
和了るために、できればどれか1つは自力で暗刻(鳴かずに3つ揃える)にしておきたいところ(||| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)アウッ



 門前(めんぜん) 1p2p3p4s4s白白白発発発中中 自摸中 (中4s待ちだけど、4sでは駄目)

 鳴き 5m5m5M6m発発発 中中中 白白白 ツモ4m (4m6m7m待ち。どれでも可)


ちなみに、どれか1つが揃わず雀頭になってしまうと「小三元」という2翻役になってしまう
(一応さらに三元牌(サンゲンハイ)の役牌2ハンが追加されちゃうため、4翻役にはなるんです)。


上記の例で4sが来るなど大三元が揃わなかったり、途中で諦めてこの形になってしまうパターンが多い・・・(゚_゚i)タラー・・・

また、大三元には包則(パオ)という責任払いのルールがあるのです( ´_ゝ`)( ´_ゝ)( ´_)( ´)( )・・・*パッ

白、發、中のどれか2つを鳴いているところに三元牌(サンゲンハイ)を切り、
3つめの三元牌を鳴かせた、つまりすべての三元牌を副露して大三元を確定させた時に発生する( `.∀´)イヒッ(旭化成風)

ちなみにポンだけではなく大明槓(ダイミンカン)にも適応されちゃうため気をつけましょう


その後、大三元を自摸和了りした場合は確定させたもの=パオ者が
全額一人で支払い、ロン和了りした場合はそのものと半々ずつを支払うことになる()( )( ) (  ̄) (  ̄ー) ( ̄ー ̄) ズンズンズンズン...



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



------------------------------------------------------

大三元(出現割合:0.039%)
手牌の偏り方によっては早上がりの延長線上で狙うことができる唯一の役満。
もちらん、白發中を2枚ずつ持っていたとして、鳴けるのは通常は2回まででどうしても小三元になりやすいが、DORA麻雀ではパオ(責任払い)が実装されていないので、ラスのプレイヤーはどんどん突っ込んでくる可能性も十分にある。
逆にこっちがラスで2位狙い、1位狙いの時に大三元の気配がある相手がいたとしても、オーラスならば引く必要性はDORA麻雀では通常の麻雀よりも要素は少なくなる。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ( ̄ω ̄;)エートォ...



DORA麻雀の場代ってどうなの?


DORA麻雀に登録するためには

今から7時間後にはついに待ちに待った高校1年生の友だちとの麻雀だよ♪
楽しみだなあ~~(∠T▽T)ノ彡☆ハライテ・・



おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 22:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

映画「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」について & DORA麻雀の役「三色同刻」

今晩も涼しいですね∠(・_・)ラジャ

こうなると家族がいない日々が悲しくなってきたりしますε≡ε≡ε≡ε≡ε≡ε≡ε≡炎o^・ェ・^)o炎 ファイヤァアア!!

お見合いパーティーでも行こうかなオーーーイッッ!!☆ヾ(`Д´*)

イブに向けての用意をそろそろしないとヤバイし・・・( ─┬┬┬┬┬─ ー ─┬┬┬┬┬─ )ウフフフッ

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の魅力を伝えたい!と考えています!!!!((┌(。△。)┐))ワッハッハ
ってyahooレビューですが(* ̄▽ ̄*)ノ"


今回は「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」の感想を紹介したいと思っていますヽ(´□`。)ノ・゚ヤッタアァァアァン


この映画の製作年は2004年です

監督はブラッド・シルバーリングで、脚本がロバート・ゴードン[脚本]です。o(*^▽^*)o~♪

この映画のメインは、ジム・キャリー (オラフ伯爵/ステファノ/シャム船長)とエミリー・ブラウニング (ヴァイオレット・ボードレール)です。。。。o(゚^ ゚)ウーン

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを列挙すると、リーアム・エイケン、ティモシー・スポール、ビリー・コノリー、メリル・ストリープ、キャサリン・オハラ、セドリック・ジ・エンターテイナー、ルイス・ガスマン、ジェニファー・クーリッジって感じですねヘ(°◇、°)ノ~ ウケケケ...

とにもかくにもビジュアルの創造性は

素晴らしいの一言に尽きる。





姉弟妹たちの憂いに満ちた眼差しから不穏で

荒涼とした空気の色合いまで、ほとんどパーフェクトに

近いものを見せてくれる。





どなたかが述べられているように、

ティム・バートンを彷彿とさせるクオリティの高さだと思う。



ただ如何せんストーリーの盛り上げ方に

技量の低さを感じずにはいられない。

題材自体はとてもユニークなのに、

それを紡ぎ上げる“巧さ”がまったくと言っていいほど感じられない。

話と話、台詞と台詞のつなぎ方のひとつひとつで

テンポを外されるという印象を受けた。



久しぶりに見たジム・キャリーの七変化(顔芸)は

流石だし、主演の姉弟妹を演じたそれぞれが

雰囲気の良さを感じさせ、充分に楽しめる素材を

揃えてはいるのだけれど、どこか手放しで

満足することができないもどかしさが

じわっと残る。





◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

麻雀の役って一杯ありますよね~。\(-___________-;)/ワーイ??
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は三色同刻を説明したいと思います!(゚ー゚)ニヤリ



刻子(コウツ)を中心に作る手の中で、とても美しい役があります。


3種類ある数字牌の同じ数字による刻子(こうつ)を3つ揃えると完成する三色同刻(サンショクドウコウ)で、
役は2翻ですが、2翻にしてはかなりの難易度です。

ポンをしても成立するんですね役ですが、
記憶の限りでは儂はこの三色同刻(サンショクドウコウ)をアガったことがないですナイテルゾッ( ̄ー ̄;)ノ_・、)セナカカシテ


順子で構成する三色同順(さんしょくどうじゅん)であれば頻繁に見ることができるのですが、
こちらは幻の役を言っても良いかも知れません。実際に上がることができたとしても、
意識して作るのはかなり難しいのではないかと思います。



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

三色同刻(出現割合:0.05%)
こちらも実は役満と同じぐらい出現率の役。
自分でも「そんなことは無いと思うな」と心のどこかで思うが、同じ牌が2種類暗子で保有していたとしても、最後の一種類は雀頭になってしまうケースが殆ど。仮に三色同刻が確定した状態を作れたとしても、そこからのウケは案外悪く、中々難しい。余裕のある時に、少し考えてみてはどうだろうか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じエートォ (・o・) エートォ



DORA麻雀のブログ

今日はこの辺で
けど今日は何故か目が痛い。。治ってほしいなあ。。
ばいば~い☆GOODNIGHT☆(;д;)ノ~▽''。・゚゚・

DORA麻雀の場代システムは?




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 14:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。