2014年03月24日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 187 $の負け & 映画「シャンハイ・ナイト」の感想

うちの家庭菜園では未だブロッコリーが占領しています...ρ(。 。、 ) イイモンイイモン...
さらにエリンギを植えようと、
1週間ほど前からプランターではくさいを栽培して現在はチョベリグって感じですアハハハ!! (o_ _)ノ彡☆ポムポム☆ミヽ(_ _o)

もう少ししたら入れ替えるつもり♪ニャハハ!(≧∇≦ )人( ≧∇≦)ニャハハ!

待ち遠しい~(((o(^。^")o)))ワクワク

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ここのところ映画にぞっこんラブなので感想をご紹介したいと考えています!!!!( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

はい!?テメエのレビューじゃないの?
というツッコミは華麗にスルーします(〝⌒∇⌒〝)キャハハハ!!


今回は「シャンハイ・ナイト」の感想を紹介したいと思っています!!!川≧∇≦川 おーほっほっほほ♪


この映画が作られた年は2003年です!!!

この映画のメインは何と言っても!!!ジャッキー・チェン (チョン・ウェン)、オーウェン・ウィルソン (ロイ・オバノン)です!!!( ̄ヘ ̄)ウーン

この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、ドニー・イェン (ウー・チョウ)、リチャード・ブレマー (Master at Arms)、キム・チャン〔男優〕 (Chon Wang's Father)ってな感じ。d( ̄(エ) ̄d)☆very good☆(b ̄(エ) ̄)b

チャーリー少年が盗人として扱われているのが

どうも気に食いません。

ハリウッド資本の映画なのでアクションを

制限されるのはちょっとつらいですが

、コメディ・アドベンチャーとして見れば

こんなもんでしょ。

でもクリス・タッカーといいオーウェン・ウィルソンといいなんで

ジャッキーの相方ってのはおしゃべりが

多いんでしょうねぇ。





+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

麻雀の役って一杯ありますよね~∩(´∀`∩) ワッショーイ ワッシ ∩( ´∀` )∩ ョーイ ワッショーイ (∩´∀`)∩
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は嶺上開花を説明したいと思います!!ワーイ♪☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ヘ(゚▽゚ヘ)☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ワーイ♪


ある意味特殊な一翻役。

カンをした時に引く嶺上牌でツモ和了した場合に成立する。

これ自体に嶺上開花と言う役が付くので、
手牌に予め役が付いていなくても上がれるが、翻数はたったの1です。

カンのリスクと運任せな一翻では釣り合わないため、
役牌や対々和のオマケぐらいの感覚で狙うのがベター。

数牌加カンの場合は搶槓されちゃう可能性も考慮に入れる必要がある。


カンの成立を妨害する搶槓とは異なり、
カンが成立した上での和了りとなるので、カンドラをめくることができる
(もちろん、嶺上開花の際はカンドラはめくらないと言う取り決めでやっている場所がある可能性もある)。


決まると非常にカッコイイため、
初級者(麻雀を理解し始めた)層を中心に狙われる傾向があるが、
確率的に見てもそうそう成功しないんです上に、前述の通り大きなリスクが伴う∑('=';) ハッ!!

また、加カンそのものを蛇蝎の如く嫌う人も少なくないことも覚えておいた方が良いだろう。


麻雀漫画では、主人公が嶺上開花に関わる能力のようなものを
持っている漫画「咲-saki-」が有名である他、
後述の責任払いを利用して本来あり得ないところから
放銃を引っ張り出すテクニックとしてちょくちょく登場する。


また、積み込みやすり替えなどのイカサマが登場する漫画では、
カンドラ表示牌1つを仕込むだけの手間で実に4翻もの追加が
見込めるリターンとなりますため、積極的に狙っていくキャラクターも存在するo(*^▽^*)oあはっ♪


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

嶺上開花(出現割合:0.28%)
カンをした後に上がれる役。
こちらは運による要素は大きいものの、東風戦でテンパイ時ならばカンに抵抗が無い場合は多い。初心者は良くカンを好む傾向があるが、その時にどこまで嶺上開花を視野に入れるか? また確率的にほとんどが失敗するとして、その後のドラ表示牌をどう捉えていくか?
嶺上開花というよりは、カンに対する考え方が大きく変化しそうだ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。;;;;(;・・)ゞウーン


今から11時間後にはついに待ちに待った中学3年の友だちとの麻雀だよ♪
楽しみだなあ~~ヽ(゚▽、゚)ノ ウヘヘヘ

DORA麻雀の役「純チャン」 & 映画「耳をすませば」のレビュー




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 21:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

映画「川の底からこんにちは」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 27 $の勝ち

陽気もすっかり秋になったね)))))))))))(・・)/すたた
床に入るときは肌寒くブランケットが無いと風邪を引く気がします
インフルエンザにならないために温かくして寝ましょう..・ヘ(。≧O≦)ノ ニゲロー!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を紹介したい!と思います!!!ヾ(●´▽`●)ノ彡☆勹"ノヽノヽノヽノヽノヽ
と言ってもヤフーにある感想ですが“乾杯♪(*^^)o∀*∀o(^^*)うん♪


今回は「川の底からこんにちは」の感想を紹介したいと思っています\(o⌒∇⌒o)/


この映画の製作年は2010年です!!

監督は石井裕也〔監督〕で、脚本が石井裕也〔監督〕です!!!y( ̄ー ̄)yピースピース

この映画のメインは、木村佐和子演じる満島ひかりです!σ( ̄、 ̄=)ンート・・・

取り敢えず、この映画の出ている人を列挙すると満島ひかり (木村佐和子)、遠藤雅 (新井健一)、志賀廣太郎 (木村忠男)、岩松了 (木村信夫)、目黒真希 (腸内洗浄スタッフ)ってな感じU=^▽^)キャッキャッキャッ

久しぶりに映画から元気をもらいました!序盤は

サワコのやる気なさになじめなかったけれど、

観ていくにつれてどっぷりとサワコワールドに

浸かってしまいました。



工場の従業員たちに血管浮き上がらせなが

ら思いのたけを叫ぶところは、等身大の言葉で

語られていて(いかにも映画のセリフめいたところが

ない)とても好感が持てました。



サワコの開き直りというか、あけっぴろげなキャラクターが

よかったです。



満島ひかり、いいですね。





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

麻雀の役って一杯ありますよね~。ヾ(@゚▽゚@)ノアハハハ_(__)ノ彡☆バンバン!!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は小三元を説明したいと思います!!!ワーイ\(゚▽゚=))/…\((=゚▽゚)/ワーイ



三元牌(さんげんはい)のうち2種を刻子 残りを雀頭で成り立ちます

3種類ある三元牌(サンゲンハイ)のうちの2種類を刻子(コウツ)、残りの1種類を雀頭として揃えた際につく役です。

字牌のうち三元牌を使った麻雀役をご紹介しましょう。

白發中の三元牌(サンゲンハイ)のうち、2種類を刻子(コウツ)、残りを頭にすることで「小三元」が成立します。ポンをしても大丈夫です。

ポンをしても成立可能C= C= C= C= C= ┌( ̄ー ̄)┘

小三元は「2ハン」の役ですが、小三元を完成させるとハン牌}}×2が絶対にセットになるんですから
「小三元(2ハン)+翻牌}}(1ハン)+翻牌}}(1ハン)」の実質は合計4ハンの役になります[岩蔭|]^⌒)bうふっ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

小三元(出現割合:0.15%)
こちらも混老頭と同じで、満貫が約束されている役。
ただ小三元の特性はやはり警戒されること。白と中でポンをした場合、なかなか發は出てこない。しかしパオ(責任払い)が存在しないDORA麻雀ではトップを取りにラスが捨てるケースも考えられなくは無い。喰い下がりなら、せめて混一色を入れながら色を特定されるのは避けたいところだ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ( ̄ω ̄;)エートォ...


今から11時間後には待ち焦がれた大学2年生の友だちとの麻雀です。
楽しみだなあ~~ψ(○ `∇´ ○)ψイヒヒヒ



おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 06:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。