2014年03月25日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 49 $の勝ち & 映画「地獄門」のレビュー

今日は昼から晴れだってさ( ̄ー ̄)ー ̄)ー ̄)ー ̄)ー ̄)ー ̄)ー ̄)分身ニヤリ

天気が良いならば外に出てみよっと壁|ε=ε=ε=ミ( ノ_ _)ノ=3 ズコ-!!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

最近映画に夢中になっているのでレビューを紹介していきたいと考えています!!!!♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪ランラン

え??あなたの紹介文は?
って突っ込みは華麗にスルーしますィェィv(゚▽^*)ノヽ(ー゚ )ノヽ(゚ )ノヽ( )ノヽ( ゚)ノヽ( ゚ー)ノヽ(*^▽゚)v


今回は「地獄門」の感想について紹介しようかと思っています!!!!Ψ(ー´)ΨΨ(`▽´)ΨΨ(`ー)ψケケケケ


この映画が作られた年は1953年です!!!!

監督は衣笠貞之助と森一生で、脚本が衣笠貞之助です!!o(゚▽゚o)(o゚▽゚)oニパニパッ

この映画のメインは何と言っても!!!盛遠演じる長谷川一夫です!!!どんなだろう・・?(・・*)。。oO(想像図)

この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
長谷川一夫 (盛遠)、京マチ子 (袈裟)、山形勲 (渡辺渡)、黒川弥太郎 (重盛)、坂東好太郎 (六郎)、田崎潤 (小源太)、千田是也 (清盛)、清水将夫 (信頼)、石黒達也 (弥仲太)、植村謙二郎 (政仲)ってな感じ。(@⌒ο⌒@)b ウフッ

冒頭の「平氏の乱」は見応えあり。



画面せましと大人数の人が走る走る。



そして京マチ子の着物の「赤」、長谷川一夫の甲冑の「青」が

映える映える。



その後の展開は、人妻への恋に狂った男の見境無しの横行が

描かれてゆくのだが、この長谷川一夫が

なんとも憎憎しい。



その憎憎しさがあまりに露骨でわかりやす過ぎる気が

するが、恋に狂うってことはそういうことなのかもしれない。

それでもテレビの時代劇なんかでよく見るオーバーリアクションが

ちょっと気になる。



それにしても「夫の身代わりに殺されようとする妻」も「復讐しない夫」も今の日本じゃありえない。



当時はこの日本的な思想も含めて海外で

評価された向きもあったと思うが、

今の現代劇でこの設定が一番似合わないのが

日本のような気がする。

日本も変わったってことです。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

麻雀の役って一杯ありますよね~。v(。・ω・。)ィェィ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は字一色に焦点を当てたいと思います!!"Ψ|`┏ω┓´|Ψ"ブヒャヒャ!!


字牌だけで役を完成させると、字一色という役満になりますヽ(=´▽`=)ノ

字牌は東南西北という4種類と白發中という三元牌(さんげんはい)の3種類、合計7種類があるのです。

字牌は数字がないので、順子(シュンツ)で集めることはできないヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ

すべて刻子(こうつ)で集め、それが4面子(メンツ)と頭が2枚揃うことで初めて字一色(ツーイーソー)となる。


字牌というのはトイツや刻子(こうつ)になっていなければ不要牌として、
常に早い段階で捨てられる運命にあるヽ(● ´ ー ` ●)/

そのため、字一色(ツーイーソー)を作っていくには配牌の段階でたくさんの対子があって、
こうした捨てた牌をポンできる体制になっている必要があります(("ヘ('∇'*) オイデッ♪


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

字一色(出現割合:0.008%)
字牌が大幅に偏った時、手の中に見える「混一色、対々和」の目の前の上がりをいかに捨て強欲に走るか、"欲を出すセンス"が問われる役満。
手広く打った場合は「混一色、対々和」に惑わされ、それでも突っ走るならばその牌を終盤に切るという大きなリスクを背負い、また序盤で決め打ちをする男らしい打ち方は出上がりの可能性を大きく損ねてしまう。欲の見せ所だ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。?c(゚.゚*)エート。。。



DORA麻雀の登録方法

本日はこの辺で!
今日は何故か足が痛い。。治ってほしいなあ。。
お休みなさい@(。・o・)@お@(。・◇・)@や@(。・。・)@す@(。・_・)@ノみ♪



おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 20:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

映画「パピヨン」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 88 $の勝ち

だいぶ体重が増えてきた(* ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄)フッ
減量を始めないと・・

減食するのは続かないので
運動だろうな。┐( -"-)┌ヤレヤレ...

何にしようか?・・・(゚_゚i)タラー・・・
楽に始められるスポーツといえばダンスなのかな
僕にとっては\(;゚∇゚)/ヒヤアセモン☆

けれども、独りだと続かないだろうな~(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
誰か一緒にやる友達募集(⌒-⌒)ニコニコ...

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の感想を紹介したいと思います!!!!(⌒-⌒)ニコニコ...
とは言ってもyahooレビューに載ってる感想ですが《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ~


今回は「パピヨン」の感想を紹介しようかと思っています!!!!(・-・*)ヌフフ♪


この映画が作られた年は1973年です!!

監督はフランクリン・J・シャフナーで、脚本がダルトン・トランボとロレンツォ・センプル・Jrです!!!o(゚▽゚o)(o゚▽゚)oニパニパッ

この映画の主役はスティーヴ・マックィーン (アンリ・‘パピヨン’・シャリェール)やダスティン・ホフマン (ルイス・ドガ)です!!!σ(゚・゚*)ンート・・・

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
スティーヴ・マックィーン (アンリ・‘パピヨン’・シャリェール)、ダスティン・ホフマン (ルイス・ドガ)、ヴィクター・ジョリイ (酋長)、ドン・ゴードン (ジュロ)、アンソニー・ザーブ (トゥーサン)、ヴァル・エイヴリー (パスカル)、ダルトン・トランボ ((ノン・クレジット))ってな感じ。(⌒▽⌒)アハハ!

すばらしい、感動的な作品です。



あのパピヨンの「自由』への執着心は

私を日常生活の中に埋没していた私を

、そのまどろみから解き放ちました。



ぼくにとっては、生涯で最高の作品で

す。



そして、パピヨン役は、ステイ―ブマックイーンしか、

できなかったと思います。



これからも、あのパピヨン役は彼以外誰もで

きないと思います。

珠玉の一作です。







■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

麻雀の役って一杯ありますよね~川o'-')フフ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は三色同刻に焦点を当てたいと思います。(≡^∇^≡)ニャハハ



刻子を中心に作る手の中で、とても美しい役がある。


3種類ある数字牌の同じ数字による刻子(こうつ)を3つ揃えると完成する三色同刻(さんしょくどうぽん)で、
役は2翻ですが、2ハンにしてはかなりの難易度です。

ポンをしても成立するんですね役ですが、
記憶の限りでは僕はこの三色同刻(さんしょくどうこー)をあがったことがない( TT(;^_^) ナイチャウデシュ セナカカシテネ


順子(しゅんつ)で構成する三色であれば頻繁に見ることができるのですが、
こちらは幻の役を言っても良いかも知れません。実際に上がることができたとしても、
意識して作るのはかなり難しいのではないかと思います。



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三色同刻(出現割合:0.05%)
こちらも実は役満と同じぐらい出現率の役。
自分でも「そんなことは無いと思うな」と心のどこかで思うが、同じ牌が2種類暗子で保有していたとしても、最後の一種類は雀頭になってしまうケースが殆ど。仮に三色同刻が確定した状態を作れたとしても、そこからのウケは案外悪く、中々難しい。余裕のある時に、少し考えてみてはどうだろうか?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。(ーΩー )ウゥーン



ドラ麻雀

今から13時間後にはついに待ち焦がれた浜の友だちとの麻雀です。
楽しみだなあ~~_(⌒▽⌒)ノ彡☆ばんばん!



おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 06:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。