2014年04月19日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 88 $の勝ち & 映画「狼たちの午後」について

今日は昼過ぎから晴れみたいだわUo・ェ・oUゞラジャ!!

晴れなら外出してみようかな........(((((¬ ̄▽ ̄)¬マテェ♪

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

最近映画命な感じなのでレビューを紹介していきたいと燃えております。(_ー+_)逆ニヤ

はい??あなたの感想ではないの??
って感想は華麗にスルーしますo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o イエーイ


今回は「狼たちの午後」の感想を紹介したいと思っています。x・)ぷっ


この映画が作られた年は1975年です。

監督はシドニー・ルメットで、脚本がフランク・ピアソンです("▽")化ッ (旭化成風)

この映画の主役はソニー演じるアル・パチーノです!!o(´^`)o ウー

この映画の俳優さんは、アル・パチーノ、ジョン・カザール、ジェームズ・ブロデリック、チャールズ・ダーニング、クリス・サランドン、ランス・ヘンリクセン、ペニー・アレン、キャロル・ケインって感じですね。"( ^-^)/且☆且\(^-^ )"

子供の頃TV洋画劇場で観て衝撃を覚えた一作。



その後何年もたって彼らのモデルで

ある本人たちの映像を見て、あの映画は

実話だった事を知りさらに衝撃。

事件が起きてから事件が終わるまで

の時間しか描いていないのにも関わらず、

ソニーが語る会話の端々からソニーのこれまで

の人生、生活が徐々に浮き彫りにされてくる。

そして銀行の外へ目を向ければその風景に

は米国の世相、社会情勢がしっかり語られている。

俳優陣の演技も衝撃モノ、この当時のアルパチーノは

神のような存在感。





◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

麻雀の役って一杯ありますよね~"└|  `   ▽   ´  |┘"ワッハッハ!!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は小三元を説明したいと思いますv(・_・) ブイッ


小三元そのものは2翻役でしょう。

ただし、刻子(こうつ)にした2種類の三元牌(さんげんはい)による2ハンが必ずセットで付帯するので、
実質的には4翻役です。麻雀の解説本・指南本の中には、
小三元が付く時には2種類の三元牌(サンゲンハイ)の2翻を数えず、
小三元という役を4ハンとしている時もあるヾ(T∇T)ノ彡☆ギャハハ!!バンバン!!


実質4ハンは、役満を除く通常役としては混老頭(ホンロウトウ)と並んでチンイツに次ぐ高いハン数ですね。

そのため、混一色(ホンイツ)や対々和と組み合わせて、
跳満や倍満の和了りになることも少なくない。

ただし、派手な副露で目立つことも多いため、出現頻度はそれほど高くない。


3種類全面的にを刻子とした時は大三元となるんです。

最初から小三元を狙って和了することは少なく、
高目大三元の双?待ちになった所から、安目の牌で小三元としてあがりってしまう際か、
同じく大三元を狙って三元牌(さんげんはい)の2種を刻子(こうつ)にしたものの
残りの1種が先に2枚切られてしまい、残る1種の地獄待ちでホーラする際が殆どです[壁]_・)チラッ。。。。。。。゙(ノ・_・)ノスタスタッ。。。。。コケッ!ミ(o_ _)oヾ(*^▽゚) byebye!


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


------------------------------------------------------

小三元(出現割合:0.15%)
こちらも混老頭と同じで、満貫が約束されている役。
ただ小三元の特性はやはり警戒されること。白と中でポンをした場合、なかなか發は出てこない。しかしパオ(責任払い)が存在しないDORA麻雀ではトップを取りにラスが捨てるケースも考えられなくは無い。喰い下がりなら、せめて混一色を入れながら色を特定されるのは避けたいところだ。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。(´ヘ`;) う~ん・・・



DORA麻雀 登録

今から10時間後には待ちに待った馬淵の友だちとの麻雀だ。
楽しみだなあ~~柱|皿 ̄)q゙ウシシシシ



おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 18:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 155 $の勝ち & 映画「ただ、君を愛してる」に関して

本日は11時からやや快晴みたいだわムo( -ェ-)カ( -ェ)oツク!!(  )ノ"))゚0゚),⌒☆

晴れなら飲みに出てみよε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛ ふははは

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の魅力を紹介したい!と考えています。Ψ(´д`)Ψヶヶヶ・・・
と言ってもヤフーに載ってる感想ですがヽ(;´Д`)ノわらいすぎた~っ!!


今日は「ただ、君を愛してる」の感想を紹介したいと思っています!!キャーゞ(^o^ゝ)≡(/^ー^)/"""パチパチ


この映画の製作年は2006年です。

監督は新城毅彦で、脚本が坂東賢治です!!!!ニャハ(o(*^▽^*)o)( ^^)( ^)( )(^ )(^^ )(o(*^▽^*)o)ニャハ

この映画の主役は里中静流(しずる)演じる宮崎あおいです。・・・( ̄. ̄;)エット( ̄。 ̄;)アノォ( ̄- ̄;)ンー

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを列挙すると、玉木宏、黒木メイサ、小出恵介、上原美佐〔1983年生〕、青木崇高、大西麻恵、森下能幸、小林すすむ、小林愛って感じですね。びゃははは (≧ω≦)b

宮崎あおいがとにかく可愛くて綺麗。





前半の幼さと、途中のキスシーンで

のメガネを取った場面、そしてラスト近くの大人の女性としての等身大写真。





女の子から女性に変わっていく過程を

見事に120分で見せてくれました。



成長すると死んでしまう奇病とか外国で

都合よく友人同士が出会ってしまうという設定に

少し違和感があるものの、映画の世界と割り切れば

許せます。





皆さんおっしゃるように泣ける映画で

はないけど、何となく心に残る作品で

す。





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

麻雀の役って一杯ありますよね~ ̄∇ ̄)/□☆□\( ̄¬ ̄ カンパ-イ!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は三色同刻に焦点を当てたいと思います!!ウキャキャ♪ヽ┤゚◇゚ ├ノヽ┤ ゚◇゚├ノ ウキャキャ♪


マンズと筒子(ピンズ)とソウズを使い、同じ数の刻子(こうつ)を揃えた際につく役です。

3種類の数牌を使うため「サンショク」と呼ばれます。

同じサンショクでも、こちらは出現頻度がぐっと下がります。

言い換えると、作るのが非常に難しい役といえます。

ポンやチーをしても食い下がりがないのが特徴です。

三色同ポンとも呼ばれます。

ポン・チーをしても成立可能。同じ三色でも食い下がりはありません

見た目以上に難しい役で、実戦の中で見かけることもほとんどないといってもいいぐらいですね(・m・ )クスッ

対々和(といといほう)や混老頭(ほんろうとう)といった役と理屈の上では複合可能ですが、三色同刻(さんしょくどうこう)そのものが非常に珍しいため、あまり見かけることがありません、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗)


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

三色同刻(出現割合:0.05%)
こちらも実は役満と同じぐらい出現率の役。
自分でも「そんなことは無いと思うな」と心のどこかで思うが、同じ牌が2種類暗子で保有していたとしても、最後の一種類は雀頭になってしまうケースが殆ど。仮に三色同刻が確定した状態を作れたとしても、そこからのウケは案外悪く、中々難しい。余裕のある時に、少し考えてみてはどうだろうか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ。。。o(゚^ ゚)ウーン


今から7時間後には待ち焦がれた大学院の友だちとの麻雀です。
楽しみだなあ~~_(-_- )ノ彡☆ばんばん!

DORA麻雀のルールは?




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 11:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 100 $の負け & 映画「レイチェルの結婚」のレビュー

我が家の家庭菜園では今もなおとうがんがねばっていますヾ(@^▽^@)ノ ワーイ
さらにルッコラを植えるために、
先月からプランターにのざわなを植えて今は結構いい状態になってきましたψ( ̄▽ ̄)ψイヒイヒイヒイヒ

あと1週間で入れ替える予定です(・。・)ぷっ♪

待ち遠しいですε=ε=(*~▽~)

++++++++++++++++++++++++++

ここんとこ映画一筋な感じなので映画のレビューを紹介していきたいと考えています(^○^)

はい!?あんたの紹介文は?
なんてツッコミはスルーで( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ


本日は「レイチェルの結婚」の感想について紹介しようかと思っていますヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!


この映画の製作年は2008年です。

監督はジョナサン・デミで、脚本がジェニー・ルメットです!!(^O^)/C□☆□D\(^_^ )カンパーイ!

この映画のメインは、妹 キム演じるアン・ハサウェイです!!!!`s(・'・;) エートォ...

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、ローズマリー・デウィット (姉 レイチェル)、デブラ・ウィンガー (母 アビー)、ビル・アーウィン[男優1950年生] (父 ポール)、ドリアン・ミシック (リハーサルのディナー客 ドリアン・ラヴジョイ)、ロジャー・コーマン (結婚式の招待客)、セバスチャン・スタン (リハビリ施設入院患者 ウォルター)ってな感じ。☆^∇゜) ニパッ!!

手持ちカメラの揺れやぶつ切り編集は

ホームビデオを模している風でもあるが

、何通りもの別アングルで適格なアップを

とらえたホームビデオなど実際にあるは

ずもなく、生々しい緊張感と娯楽映画としての見やすさの両立が

うまく成されていると思った。





今回はデミお抱え撮影監督のタク・フジモトで

はなかったがデクラン・クインとのコンビもなかなかだ。



様々な人種と様々な音楽を取り入れているのは

デミ監督にとって今に始まったことで

はなく、例えば『フィラデルフィア』は

明確に過ぎるにしても一見関係の無さそうな『サムシング・ワイルド』を

見たって音楽ジャンルのごちゃ混ぜ感もさることなが

ら主要人物に黒人が一人もいないに

もかかわらず通りを歩く人や出会う店員は

まるでスパイク・リーの映画と見紛うごとくに

、ことごとく黒人だったりする。



そしてデミは(いろんな意味で)種の異なる人たちが

出会いぶつかり化学反応を起こす様を

描き続けてきた監督と言っても過言で

はない(『羊たちの沈黙』だってそうだ。



)。



その化学反応を家族内で描いたのが

この作品。



異人種でも異文化でもないのに、しかも愛し合っているのに

そこには頑なな壁があり溝があり殻が

ある。



人種を超えた結婚と宴という現代の幸福と、

家族の再生がしにくい現状という現代の悲劇を

同時に描いてみせたデミの意欲作。





++++++++++++++++++++++++++

麻雀の役って一杯ありますよね~。(*'-'*)エヘヘ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は清老頭を説明したいと思います!!!/(。△。*)逆ニパッ


老頭牌(数牌の1または9)だけで構成されてしまう関係上順子が含まれず、
必ず対々和(トイトイホウ)の形になる[壁]^▽^)キャッキャッキャッ

したがって、待ちも単騎待ちまたはシャンポン待ちに限定されちゃう。

混老頭の上位役に当たるが、混老頭(ホンロウトウ)が13種の牌を使用可能ですのに対し、
清老頭(チンロートー)は6種に限定されるので格段に難易度が上がるお( ̄o ̄)い( ̄△ ̄)お( ̄o ̄)い( ̄△ ̄)

また、一九牌が6種類しかないから七対子の形であがることが出来ぬ
(七対子(ちーといつ)の4枚使いを認める場合はこの限りではない)。


たいていの場合、副露して作ることになるが、
端牌は序盤に早々と切り出される傾向が強く、配牌と展開によほど恵まれないと和了は難しいバンザーイ \(≧∇≦)/\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/ キャァ♪

アガリのパターンとしては、国士崩れや純チャン(ジュンチャン)狙いのところから
一九牌の対子(トイツ)・刻子が増えて変化していく場合が全くですね。


字牌だけで構成する字一色(つーいーそー)と似ているが、
字一色が7種類の牌を使えるのに対し、清老頭(チンロートー)は6種類の牌しか使えない上、
順子(しゅんつ)の構成要素として敵にこれらの牌を押さえられてしまう可能性もあるので、
確率的にも清老頭(ちんろうとう)の方が難しいオーイ!! L(゚□゚ L)Ξ(」゚□゚)」オーイ!!


さらに、字一色(つーいーそー)が四喜和(すーしーほー)や大三元と複合し易いのに対し清老頭(チンロウトウ)には
そういった役も無く、ダブル役満へと得点を伸ばし難い。

また、同じ6種限定の緑一色と比較しても、順子(シュンツ)の使用が出来ぬ分、清老頭(チンロートー)の方が難しい。


理論上は四暗刻(スーアンコ)・四槓子(スーカンツ)との複合があり得るが、
実際これら全部を暗刻もしくは槓子にすることは極めて難しい(/ω゚\)チラッ♪(*/0\*)イヤァーン♪


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

清老頭(出現割合:0.00181%)
1と9だけで揃える役満。四人麻雀ならば見るのがかなり難しい役だが、三人麻雀ならばそのマンズの2~8は無くなるので出現率は飛躍的に上がる。とはいえ、それでも簡単に出る役満ではないのも確か。しかし役満の中では決め打ちの必要はあまりなく、対々和+混全帯九を少し視野に入れた打ち方の延長線上で偏り加減に応じて狙うことのできる役満でもある。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じどんなだろう・・?(・・*)。。oO(想像図)


今から6時間後には待ちに待った駿台予備校の友だちとの麻雀です。
楽しみだなあ~~ニコッ (゚▽゚)v(゚▽゚)v o(゚▽゚)o イェーイ!!



おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 03:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。