2014年01月31日

DORA麻雀の役「清一色」 & 映画「ハウス・オブ・ザ・デッド」の感想

結構体型がまずいことになってるクスン(U_U)。。。
減量するべきだな。。

節食はストレスになるので
運動だな。。ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ

どんな競技がいいかな~?(・・;)
楽に始められるスポーツといえばバスケットボールかな~
私にとっては~(=^‥^A アセアセ・・・

ですが、独りでやるとやると継続できる自信がないσ(^_^;)アセアセ...
誰か一緒にやってくれる友達緩墓( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の感想を紹介したいと考えています!!(¬w¬*)ウププ
とは言ってもyahooレビューに載ってる感想ですが( ̄ー ̄)ニヤリッ


今回は「ハウス・オブ・ザ・デッド」の感想について紹介しようかと思っています!!!v(。・・。)イエッ♪


この映画が作られた年は2003年です!!!!

監督はウーヴェ・ボルで、脚本がマーク・A・アルトマン、デイヴ・パーカー[その他]です!!!!☆⌒d(*^ー゚)b グッ!!

この映画でメインで出てくる人はジョナサン・チェリー (ルディー)とクリント・ハワード (サリッシュ)です!!(~ヘ~;)ウーン

この映画の俳優さんは、ジョナサン・チェリー、クリント・ハワード、オナ・グローアー、ウィル・サンダーソン、エヌーカ・オークマ、ユルゲン・プロフノウ、エリカ・デュランス、コリン・ローレンスって感じですね。o(*^▽^*)oエヘヘ!

人気ゲームの映画化?はぁそうですか。



だから、時々ゲーム画面が出るんで

すね。



だから、ただのアホ学生がやたら強いんで

すね。



でも、一応(B級)ホラー作品なんで

すよね?お約束の裸も出るしね。

しかも冒頭から。



最初に出しときゃ客も逃げない?「ゾンビ」系なのか「ドクター・モロー」系なのか「マトリックス」のパロディなのか… 何が

なんだか良く解らんですが、後味悪いだけの90分で

した。



突っ込みいれて楽しむにも足らんなぁ…

●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯

麻雀の役って一杯ありますよね~。|* ̄∇ ̄|ニヤッ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は清一色を説明したいと思います。柱|皿 ̄)q゙ウシシシシ


清一色(チンイツ)のデメリットは主に2つある。

まず1つ目は、極端に偏った捨て牌になりますので、
局の進行と共に清一色(チンイツ)狙いであることを見破られ、警戒されやすくなること。

チンイツを狙うに当たって他の色の牌は不要であり、
普通ならば使い勝手が良いはずの中張牌が惜しげもなく河に並べられることになります・

なのに一色だけ1枚も捨てられていないとなるんですと、染め手と看破するのは難しいことではない。

これとも関連して2つ目は、相手に他の色で待たれた場合に防御が効きにくいこと。
これは混一色(ほんいつ)の際にも言えることだけど、染め手の大物手は勝負手であり、
他の人に先手を取られても多少の牌はつっぱることが多い。

結果、歯止めがきかず放銃に至る時がままあります。

つまり1つ目の点で他の人の防御力が高くなり、2つ目の点で自分の防御力が低くなります。
得点的な破壊力を持つ清一色ではあるが、このような二重のデメリットも抱えているヨロシクオネガイシマス(ツ _ _)ツ))


また、初級者にとっては、待ちが複雑になりすぎることもデメリットになるんです。

次から次へ牌が押し寄せた場合、上から下までごちゃごちゃした連続形になるんですとか、
4枚使いの見慣れない形になるんですとかして、待ちが分からなくなるんですことは大いにありうる~(=^--^) ぁ ゃι ぃ ニ ャ!

複数ある待ちの一つを見落としてしまう場合や、すでに1牌2牌余らせている際などは、
本人が意識することなくフリテン状態になり、チョンボを誘発する危険性もある。

ただし、これは実際に牌を並べてチンイツの練習をするなど、訓練を積めば解決する問題ではあるラジャ|∵|ゞ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

清一色(出現割合:0.94%)
「ロン!」と言われて全て同じ色なら頭の中が真っ白になるぐらい麻雀の中で圧倒的な破壊力を持つ役。喰い下がり五飜もドラや一気通貫ですぐにハネ満まで見える。
もちろん、局を終わらせるぐらいの火力を持つのだからその勝負手は危険牌をどんどん切る覚悟も必要になる。テンパイならもちろん勝負だが、イーシャンテン、リャンシャンテンなら少し迷うところだ。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。( ̄_ ̄ )。o0○(ウヘヘ…)


今から4時間後にはやっと高校3年の友だちとの麻雀だ。
楽しみだなあ~~┌(* ̄0 ̄)┐ ワーッハッハッハッ・・・・

DORA麻雀の評判




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 23:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。