2014年02月19日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 103 $の勝ち & 映画「男はつらいよ・寅次郎相合い傘」の感想

レンタル農家では依然としてゆりねが息づいています(≡ ̄ー ̄≡)ニヤドラ
また人参を栽培するために、
先週から鉢植えにとうがんを栽培して今はチョベリグって感じです、( ̄▽ ̄)V いえーい!

あさってから入れ替えるつもりです┌(* ̄0 ̄)┐ ワーッハッハッハッ・・・・

早く来ないかな~o(@^◇^@)oワクワク

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

最近映画大好きーな感じなのでオススメ映画の感想をご紹介させて頂きたいと考えています。\(*T▽T*)/ワーイ♪

は?お前のレビューは??
という突っ込みはスルーで(*゚-゚)ニコッ(*゚ー゚)ニヤッ(*゚ー+゚)キラッ


今日は「男はつらいよ・寅次郎相合い傘」の感想を紹介したいと思っています!!!!わーい♪ヽ(∩。∩゛ヽ)(ノ〝∩。∩)ノわーい♪


この映画が作られた年は1975年です

監督は山田洋次で、脚本が山田洋次と朝間義隆です!!!(='m')くすくすっ♪

この映画のメインは何と言っても!!!渥美清 (車寅次郎)と浅丘ルリ子 (リリー松岡)です。( ̄へ ̄|||) ウーム

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを列挙すると、倍賞千恵子、前田吟、下條正巳、三崎千恵子、太宰久雄、佐藤蛾次郎、笠智衆、中村はやとって感じですね川 ̄∠ ̄川 フフフ

皆さんの評価の通りこれはシリーズ中1、

2を争う最高作ですね。



リリー(浅丘ルリ子)と寅さんとの愛あるが

故の意地の張り合いも見ごたえあるけど、

もう一方でさくらとリリーの友情物語としての側面を

持つ点でかなり異色なのでは。



大体において、さくらは寅さんが恋する相手に

は一様に寛容な態度を取り続けていたが

、リリーとはその他の女性たちとは

明らかに違うスタンスで付き合っている。



彼女の中でこの人ならお兄ちゃんとうまくやっていけるので

は・・・という肉親的あるいは女性的直感が

働いたんでしょうね、多分。



リリーのあの大きな瞳には単なる台詞以上の感情が

込められていて、彼女なるが故に泣かされたシーンが

幾つもありました。

よかったです!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

麻雀の役って一杯ありますよね~。o(*^▽^*)oエヘヘ!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は三槓子に焦点を当てたいと思います!!Ψ| ̄ω ̄|Ψブヒャヒャヒャ!!


三槓子(サンカンツ)とは、その名の通り、槓子(カンコ)を三組揃えてあがりする事で成立する2翻役です。


2ハン役ではありますが、槓子(カンツ)は符が高いため実質的には三ハン手に近い点数になるでしょう。

ただ、カン自体それ程頻繁に行われるもためはなく、狙って作る役とは言えません(~-~;)ヾ(-_-;) オイオイ...

特にリーチ麻雀の場合、迂闊に槓(カン)をすると競り合っている敵に槓(カン)ドラをくれてやるような愚を犯し兼ねません~(=^‥^A アセアセ・・・

また、槓(カン)を三組揃えられたとしても、四槓算了で和了し損ねる危険性もあり、
同じ条件の待ちでも、他の形に較べるとあがりに結び付く確率はその分低くなるんです。


例えば対々和(といといほー)対々和(といといほう)などを狙っていてアンカンや加カンが続く偶然の結果三槓子(サンカンツ)を聴牌出来た

…と言う筋書きもあるようです。



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀の登録方法

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

三槓子(出現割合:0.005%)
実は役満と同じぐらい出現率が低いのが三槓子。
カンを三回やるだけ、というと簡単そうに聞こえるが、そもそも明槓をしたとしてもそう簡単ではない。それもDORA麻雀でも四回カンをしたら流れる「四槓散了」を採用しているので難易度はさらに上がります。加えて、ドラの扱いが非常に怖い。勝負手でカンを繰り返し結果的に三槓子なら良いが、「とりあえずカン!」を繰り返し三槓子が付く状態でテンパイしただけならむしろリスクの方が高いかも。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。o( ̄ー ̄;)ゞううむ


本日はこの辺で!
今日は何故か腕が痛い。。治ってほしいなあ。。
お休みなさい★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*(^∇゚*)ノ" オヤスミィ♪

麻雀を趣味として!


DORA麻雀って何なの?


DORA麻雀の2ch評判




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 18:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。