2014年02月28日

映画「APPLESEED アップルシード」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 79 $の負け

う~~ん、やばいな。。肥満に・・┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・
減量し始めないとヤバイ

食事の量を減らすのは無理ゲなので
運動か。。ヾ(´ー`)ノ

何がミーに適してるかな?、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ`
運動と言えばゴルフなのかな
私にとっては(^▽^;)

さりとて、独りでやるとやると継続できる自信がありませんヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ
誰か一緒に頑張ってくれる友達緩墓(^^)ニコ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の感想を紹介したいと思います。†_(@`´@)βウッケッケ
と言ってもみんなのシネマレビューに載ってる感想ですがヽ(  ´  ∇  `  )ノ ワーイ


今日は「APPLESEED アップルシード」の感想を紹介したいと思っています!!!d(*'-'*)b イエーイ


この映画の製作年は2004年です!!!!

監督は荒牧伸志で、脚本が半田はるか、上代務です!クルクル ( )(= )( ̄= )(∇ ̄= )( ̄∇ ̄=)(= ̄∇ ̄=)v ニィ♪

この映画のメインは、デュナン・ナッツ (声は小林愛)です。( ̄ヘ ̄)ウーン

この映画に出てくるキャラを声優さん込みで列挙すると、
デュナン・ナッツ (小林愛)、ニケ (山田美穂)、ブリアレオス (小杉十郎太)、ヒトミ (松岡由貴)、アテナ (小山茉美)、ウラノス (藤本譲)、ハデス (子安武人)、義経 (森川智之)、七賢老エレクトリュオン (仲木隆司)、七賢老ヘスティア (西川幾雄)ってな感じ。わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪

原作読まなきゃよかったなあ。



まあ、リアルタイムで原作読んでいたクチなんで

すが・・・。





映画の内容的にいいんだけど原作知っていると設定が

違いすぎて苦笑してしまうところもあるので



原作持ちのお約束と言うことで、「この映画は

原作と違う」とか「原作のよさが損なわれる」とかいろいろあるで

しょう。





しかし私はよくがんばったなあ、と思います。



実際原作は原作、映画は映画と割り切って考えるべきで

しょう。



昔のOVAに比べりゃあなた、天と地で

すよ。



フルCGもいいと思ったところと問題点、

丁度半々と言う感じですが、何事に

も発展途上の技術と言うものはあるので

、全く悪いと早計な結論を出さずに

、今後の更なる発展を祈念して(変な文章に

なってきたな)暖かく見守っていきたいと思います。



フルCGばかり主張していたので物語なんておざなりかと思いきや、

思ったほどではなかったです。



ただ二点、どうしても気になる点が





デュナンに主題が集中しすぎ。





キーパーソンは別に用意した方が人物関係の広が

りもあるはず。



デュナンとアテネのあのシーンも映画的に

はいいんだけど・・・原作を知っていると素直に

楽しめないなあ。



主要メンバーが少ないのでその分物語性に

薄さを感じました。



主要メンバー以外のキャラが無個性なのも拍車を

かけてます。

クドーくらいです。



印象深いの。



それと、ブリアレオスは絶対もっと重いは

ず。



LMを装備していないデュナンが片手で

支えられる訳がない。



(笑)これだけはゆずれない! あと心配事言えば

、映画で物語が完結したのを見て安心した原作者が

続きを書かなくなることです。



(既刊より先の設定はあるらしいが

)映画は映画、原作は原作! やらしーねーちゃんば

っかり書いてないでそろそろなんか書いてください。

あ、映画のほうは続編楽しみです。





この延長線上に「アニメはオタクのもの」という認識を

ぶっ飛ばすようなカッコイイ作品を

期待しています。

この作品ではまだ、少し世間認識度は

ツライかな。

色眼鏡抜きで評価してほしい時期だよね、

アニメも。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

麻雀の役って一杯ありますよね~(*^ー^)/▼☆▼ヽ(^ー^*) チン♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は九蓮宝燈を説明したいと思います。川 ̄ー ̄川 ワンレンニヤリ



「1」「9」を各3枚 「2」~「8」を各1枚 さらにどれか1枚をくわえる


九蓮宝燈(ちゅうれんぽうとう)を聴牌している手が、1~9総じての牌を待っている状態で
アガリした際に成り立つダブル役満です。

役満の中でも王様のように扱われる「九蓮宝燈(ちゅーれんぽーとー)」です。


「チュウレンポートン」とも呼ばれ、基本的には「チュウレン」と略されます。
稀有に万子でないと成り立たないかのように勘違いされますが、
ピンズ、ソーズでも可能です。

まず条件として数牌の「1」「9」が各3枚必要です。

それから「2」~「8」を1枚ずつ用意します。この状態でテンパイを迎えます。

ここから「1」~「9」のどれが来ても麻雀の基本形である
「3枚1組のグループと雀頭」ができあがりますヽ(= ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄=)ノ


このようにあたり牌が9種類ある九蓮宝燈(チューレンポートー)は「純正 九蓮宝燈(チューレンポートー)」または
「九蓮宝燈(チューレンポートー) 9面待ち」と呼ばれ、雀龍門ではダブル役満として扱っています。

ただし、國士無双(コクシムソウ)と同じように純正の形でテンパイになりますことは珍しく、
以下のような場合が多いです。


1122345678999


123の場合 が、3枚1組のグループが4つと雀頭の形になるあたり牌です。

ただし九蓮宝燈(チュウレンポウトウ)の条件でしょう「数牌の「1」「9」が各3枚」
+「2」~「8」を1枚ずつ
+どれか1枚、
の条件を満たすのは1だけです。


実戦ではこのように最終的に九蓮宝燈の条件を満たすようなあがりになる時が多いです。

9面待ち/純正での形は幻と呼ばれるほどレアですね(;´▽`A``


チーやポンを含めてこの形になっても九蓮宝燈(ちゅうれんぽうとう)にはならないので気を付けよう


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


------------------------------------------------------

九蓮宝燈(出現割合:0.00045%)
九蓮宝燈も若干ルールによって変化するであろう役満。
DORA麻雀では九面待ちでダブル役満になるローカルルールは採用されていない。
また、九蓮宝燈はマンズかどうか? と気になるところだが、DORA麻雀ではマンズ、ソーズ、ピンズの全て九蓮宝燈を採用している。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。o( ̄ー ̄;)ゞううむ


今晩はこの辺で
しかし今日は何故か腕が痛い。。治ってほしいなあ。。
明日もあるしおやすみ~お(ノ ̄0 ̄)ノや(o ̄・ ̄)oす(。_ _)。みzzz..

DORA麻雀 登録




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 05:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。