2014年03月25日

映画「パピヨン」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 88 $の勝ち

だいぶ体重が増えてきた(* ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄)フッ
減量を始めないと・・

減食するのは続かないので
運動だろうな。┐( -"-)┌ヤレヤレ...

何にしようか?・・・(゚_゚i)タラー・・・
楽に始められるスポーツといえばダンスなのかな
僕にとっては\(;゚∇゚)/ヒヤアセモン☆

けれども、独りだと続かないだろうな~(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
誰か一緒にやる友達募集(⌒-⌒)ニコニコ...

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の感想を紹介したいと思います!!!!(⌒-⌒)ニコニコ...
とは言ってもyahooレビューに載ってる感想ですが《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ~


今回は「パピヨン」の感想を紹介しようかと思っています!!!!(・-・*)ヌフフ♪


この映画が作られた年は1973年です!!

監督はフランクリン・J・シャフナーで、脚本がダルトン・トランボとロレンツォ・センプル・Jrです!!!o(゚▽゚o)(o゚▽゚)oニパニパッ

この映画の主役はスティーヴ・マックィーン (アンリ・‘パピヨン’・シャリェール)やダスティン・ホフマン (ルイス・ドガ)です!!!σ(゚・゚*)ンート・・・

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
スティーヴ・マックィーン (アンリ・‘パピヨン’・シャリェール)、ダスティン・ホフマン (ルイス・ドガ)、ヴィクター・ジョリイ (酋長)、ドン・ゴードン (ジュロ)、アンソニー・ザーブ (トゥーサン)、ヴァル・エイヴリー (パスカル)、ダルトン・トランボ ((ノン・クレジット))ってな感じ。(⌒▽⌒)アハハ!

すばらしい、感動的な作品です。



あのパピヨンの「自由』への執着心は

私を日常生活の中に埋没していた私を

、そのまどろみから解き放ちました。



ぼくにとっては、生涯で最高の作品で

す。



そして、パピヨン役は、ステイ―ブマックイーンしか、

できなかったと思います。



これからも、あのパピヨン役は彼以外誰もで

きないと思います。

珠玉の一作です。







■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

麻雀の役って一杯ありますよね~川o'-')フフ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は三色同刻に焦点を当てたいと思います。(≡^∇^≡)ニャハハ



刻子を中心に作る手の中で、とても美しい役がある。


3種類ある数字牌の同じ数字による刻子(こうつ)を3つ揃えると完成する三色同刻(さんしょくどうぽん)で、
役は2翻ですが、2ハンにしてはかなりの難易度です。

ポンをしても成立するんですね役ですが、
記憶の限りでは僕はこの三色同刻(さんしょくどうこー)をあがったことがない( TT(;^_^) ナイチャウデシュ セナカカシテネ


順子(しゅんつ)で構成する三色であれば頻繁に見ることができるのですが、
こちらは幻の役を言っても良いかも知れません。実際に上がることができたとしても、
意識して作るのはかなり難しいのではないかと思います。



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三色同刻(出現割合:0.05%)
こちらも実は役満と同じぐらい出現率の役。
自分でも「そんなことは無いと思うな」と心のどこかで思うが、同じ牌が2種類暗子で保有していたとしても、最後の一種類は雀頭になってしまうケースが殆ど。仮に三色同刻が確定した状態を作れたとしても、そこからのウケは案外悪く、中々難しい。余裕のある時に、少し考えてみてはどうだろうか?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。(ーΩー )ウゥーン



ドラ麻雀

今から13時間後にはついに待ち焦がれた浜の友だちとの麻雀です。
楽しみだなあ~~_(⌒▽⌒)ノ彡☆ばんばん!



おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 06:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。