2014年03月29日

映画「ぼくのバラ色の人生」のレビュー & DORA麻雀の役「チャンタ」

本日の今日の占い カウントダウンでは最高の運勢だったから、
今日は新たなことに挑戦してみようかな?
ここの所、水泳をやってみようかなと考えてるんですよねψ(`∇´)ψ ウキョキョキョキョ
ですが、いざ始める段になると少しなんだけどそれようのものを買いに行かないとシンドイんだよなヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ
う~~ん。。メンドクセ×(゚ω゚ )夕"乂夕"乂( ゚ω゚)×

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ここの所映画大好きーな感じなのでレビューをご紹介したいと考えていますクルクル()( )( ) (  ̄) (  ̄ー) オハグロ( ̄▼ ̄)ニヤッ!

ってお前の紹介文じゃないの?
なんてツッコミはスルーで♪☆キャハハ o(≧▽≦o)o(≧▽≦)o(o≧▽≦)o キャハハ☆♪


今日は「ぼくのバラ色の人生」の感想ですね。ヽ(゚∇゚(゚∇゚(゚∇゚o(゚∇゚)o゚∇゚)゚∇゚)゚∇゚)ノ ニパニパニパッ


この映画の製作年は1997年です!!!

監督はアラン・ベルリネールで、脚本がアラン・ベルリネールです!アハハハ!! (o_ _)ノ彡☆ポムポム☆ミヽ(_ _o)

この映画のメインは、ジョルジュ・デュ・フレネ (リュドヴィック)やジャン=フィリップ・エコフェ (ピエール)です!!"o(-_-;*) ウゥム…

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを列挙すると、ミシェール・ラロック、マリー・ビュネルって感じですね。♪ベリーベリー d(^・ェ・^)(^・ェ・^)b グットグット♪

性同一性障害の少年をモチーフにした、

異端の物が身近に現れたときの人間(ここで

は家族も含む)の態度を描く作品と思いました。

少年の変化(成長)がそれほどなく、

また回りの人たちの反応も冷淡になっいく様が

描かれているだけで、それに対する提案や希望が

提示されてないのでなんらカタルシスが

ありませんでした。



確かにリアルかも知れませんが、は

じめからそれが狙いなら撮り方を間違えていると思いました。



ただ、始めはやさしかった母が退学に

なってかきつくなっていき、目もあわせなくなる一方、

息子に理解を示さなかった父がリストラを

機に、向き合い始めるところはとても面白かったで

す。





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

麻雀の役って一杯ありますよね~。'v' プッ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回はチャンタを説明したいと思います(^^)ニコ


喰い下がりありの二ハン役(鳴いた際は一ハン役)。

公九牌(数牌の1・9と字牌)を交えた面子(メンツ)だけで構成した場合に成立する( ̄ ̄□ ̄ ̄) グハッ ( ̄。 ̄) ポカーン ( ̄) シラ~*ドロン


上位役として老頭牌(数牌の1・9)を交えた面子だけで構成した
純チャン(純全帯公九、三翻役)と、

中張牌(数牌の2~8)を用いず公九牌のみで面子を構成した
混老頭(ホンロウトウ)(それ自体は二ハン役ですが対々和か七対子が

必ず複合するので実質的には四ハン役)があるカエルネー (  ¨)ノ.・.・.・・.・ミ☆゛


愚形待ちになりやすい上に使える牌が非常に限られるので読まれやすい。

難易度が高い割には報われない役でしょう。もっと評価されるべきエートォ (・o・) エートォ

ただし門前(メンゼン)での役の複合には強い傾向があり、
イーペーコーや三色同順と複合させることで真価を発揮可能です。


また完成系も非常に美しいため、コアなファンもいるとかいないとかΨ(`∀´)Ψヶヶヶ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

チャンタ(出現割合:1.24%)
単品ではなく「役牌」や「一盃口」「混一色」も視野に入れて作る傾向がある役。
三人麻雀の場合、マンズの2~8が省かれるので比較的に簡単に上がれる様な先入観があるが、実際は三人麻雀でもその出現率は想像以上に低い。何か他の役を狙いに行くついでに視野に入れる、といったスタンスで良いだろう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。・・・( ̄  ̄;) うーん


今から5時間後には待ちに待った高校1年の友だちとの麻雀だ。
楽しみだ《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ~

DORA麻雀の評判は?




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 06:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。