2014年03月30日

映画「シティ・オブ・ゴッド」について & DORA麻雀の役「嶺上開花」

先月受けた検査の結果が戻ってきたΨ( ̄∇ ̄)Ψワッハッハ~♪

結果は
正常(●´▽`●)_旦"☆"旦_(○´ー`○)カンパイ

ふぅ~良かった
ここの所、ゴルフを週5でしてるおかげですかね?( ̄皿 ̄)うしししし♪

明日からも継続しよっと。。。ヘ(゚Q゚)ノ~ ウケケケ...

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の感想を紹介したいと考えています!v(`皿´)ノ~'' ヤッター!!
と言ってもyahooレビューですがΛ(_Δ_)Λ 逆さイエーイ♪


今回は「シティ・オブ・ゴッド」の感想ですね!!((┌(。△。)┐))ワッハッハ


この映画が作られた年は2002年です

監督はフェルナンド・メイレレスで、脚本がブラウリオ・マントヴァーニです!!!!_( ゚Д゚)ノ彡☆ギャノヽノヽノヽノヽ!! ノヾンノヾン!!

この映画の主役はブスカペ演じるアレクサンドル・ロドリゲスです!!(・・*)。。oO(想像中)

取り敢えず、この映画の出ている人を列挙するとアレクサンドル・ロドリゲス (ブスカペ)、レアンドロ・フィルミノ (リトル・ゼ)、ダグラス・シルヴァ (リトル・ダイス)、セウ・ジョルジ (マネ)、アリシー・ブラガ (アンジェリカ)って感じですね。(⌒-⌒)ニコニコ...

リオデジャネイロの強烈な気候風土を

感じさせる、ひたすら暑くそして熱い作品だ。



スラムに生まれたときから宿命のように

ストリートギャングとして生きてゆかざるを

得ない少年たち。



一方、そこから抜け出してジャーナリストとして生きようとする少年。





映画は、その生々しい彼らの生態を

実録風に活写してゆき、個々の生きざまを

通して様々な問題を我々に投げかけてくる。



縄張り争いによる団結・裏切り・復讐を

繰り返しながら暴徒化する彼らを、

スピード感を伴う独特の編集テクニックで

見せきる巧みさには感心させられる。



また、彼らの中には殺人を強要されるまだ年端も行かない子供も存在するという描写などは

、本作の真実味を感じさせる鮮烈なエピソードとしても忘れられない。





抗争を繰り広げるセピア調の画面が

余計ヒートアップさせてはいるが、

この国の物価や賃金のみならず命の値段まで

が安いと感じさせるほど、そのバイオレンス描写に

悲惨さはむしろ希薄で、実にあっけらかんとしているのが

本作の特徴であり、唯一の救いでもある。





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

麻雀の役って一杯ありますよね~ヾ(▽⌒*)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は嶺上開花に焦点を当てたいと思います!!!≧(´▽`)≦アハハハ


ある意味特殊な一ハン役。

カンをした際に引く嶺上牌でツモ和了した時に成り立つ。

これ自体に嶺上開花と言う役が付くので、
手に予め役が付いていなくても和了れるが、ハン数はたったの1でしょう。

カンのリスクと運任せな一ハンでは釣り合わないので、
役牌や対々和のオマケぐらいの感覚で狙うのがベター。

数牌加カンの時は搶槓されちゃう可能性も考慮に入れる必要がある。


カンの成立を妨害する搶槓とは異なり、
カンが成立した上でのアガリとなりますので、カンドラをめくることができる
(もちろん、嶺上開花の時はカンドラはめくらないと言う取り決めでやっている場所がある可能性もある)。


決まると非常にカッコイイため、
初級者(麻雀を理解し始めた)層を中心に狙われる傾向があるが、
確率的に見てもそうそう成功することがない上に、前述の通り大きなリスクが伴う(; ̄Д ̄)なんじゃと?

また、加カンそのものを蛇蝎の如く嫌う人も少なくないことも覚えておいた方が良いだろう。


麻雀漫画では、主人公が嶺上開花に関わる能力のようなものを
持っている漫画「咲-saki-」が有名です他、
後述の責任払いを利用して本来あり得ないところから
放銃を引っ張り出すテクニックとしてちょくちょく登場する。


また、積み込みやすり替えなどのイカサマが登場する漫画では、
カンドラ表示牌1つを仕込むだけの手間で実に4ハンもの追加が
見込めるリターンとなりますから、積極的に狙っていくキャラクターも存在する(*´∇`*)


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

嶺上開花(出現割合:0.28%)
カンをした後に上がれる役。
こちらは運による要素は大きいものの、東風戦でテンパイ時ならばカンに抵抗が無い場合は多い。初心者は良くカンを好む傾向があるが、その時にどこまで嶺上開花を視野に入れるか? また確率的にほとんどが失敗するとして、その後のドラ表示牌をどう捉えていくか?
嶺上開花というよりは、カンに対する考え方が大きく変化しそうだ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。…c(゚^ ゚ ;)ウーン



dora麻雀での出金についてⅴ

この辺りで!
今日は何故かお腹が痛い。。治ってほしいなあ。。
温かくして寝~よおっと(*⌒○⌒*)おー(*⌒▽⌒*)やー(*⌒o⌒*)すー(*⌒ー⌒*)みっ♪

ドラ麻雀でのルールのお知らせ




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 06:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。