2014年04月02日

映画「あしたのジョー2」のレビュー & DORA麻雀の役「混老頭」

時季も完全に夏が終わり秋になったね_・)ぷっ
就寝時は肌寒く毛布がなかったら風邪を引かないか心配です
インフルエンザにならないために温かくして寝ましょう_(-_- )ノ彡☆ばんばん!

--------------------------------

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を伝えたい!と燃えております!!!ニコッ (゚▽゚)v(゚▽゚)v o(゚▽゚)o イェーイ!!
と言ってもみんなのシネマレビューに載ってる感想ですがヘ(ё_ё)ノ ワーイ


本日は「あしたのジョー2」の感想を紹介したいと思っています!!(*^-゚)vィェィ♪


この映画の製作年は1981年です。

監督は出崎統とちばてつやで、脚本が出崎統、大和屋竺です!!!!ヽ(^◇^*)/ ワーイ

この映画のメインは、矢吹丈 (あおい輝彦)です!!!( ̄~ ̄;) ウーン

この映画に出てくるキャラを声優さん込みで列挙すると、
矢吹丈 (あおい輝彦)、ホセ・メンドーサ (岡田真澄)、丹下段平 (藤岡重慶)、白木葉子 (檀ふみ)、力石徹 (細川俊之)、カーロス・リベラ (ジョー山中)、マンモス西 (岸部四郎)、林紀子 (藤田淑子)、金竜飛 (古川登志夫)って感じですね。("▽")化ッ (旭化成風)

NHK衛星であしたのジョー特集。



ここでも大活躍しょこたん…あんたいったい… ってなことは

置いといて。



久しぶりに見た。



やはりテレビシリーズのディテールのこだわりが

端折られていたのが残念。





これじゃあ「燃えつきねえよ」…で

も見所たっぷり。



ダイジェスト過ぎて、映画的には???だけど、

ファンにはたまらん場面ってのは、

やっぱりあるねえ。



なんだかんだ言って飽きなかったし。





--------------------------------

麻雀の役って一杯ありますよね~アハハ!!(~▽~*)/≡クルッヽ( )ノギャハハ!!≡クルッ(*_ _)/バンバン!!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は混老頭に焦点を当てたいと思います!!( `.∀´)イヒッ(旭化成風)


混老頭というのは一度はやってみたいという役ですね。
ここでは、大先生役の谷川と生徒役の飯塚の二人に出てきてもらいましょう。


・字牌+ことごとくの面子が1・9だけで構成されている
・ポン・ミンカンをしても食い下がりはない
・手の構成上チーをしては成立しない


谷川『この役を完成させると「対々和(といといほー)」か「七対子」の役が
同時に完成されてしまうため実質は4翻になる☆(-_只)キラン★(-_今)キラン☆(-_参)キラン★(-_上)キラン☆

「ホンロートー」「ホンロウトー」など表現のバラツキは気にしないでください。
略して「ホンロウ」と呼んだりもします。
この役は混全帯公九(ちゃんた)と比較するとわかりやすいかも…

数牌の1と9を「老頭牌/ロウトウハイ」と呼びますが、
それに「字牌」が混じって「混老頭(ホンロウトウ)」ですね((┗┓( ̄∀ ̄)┏┛))ウッシャッシャッシャッ』


飯塚『これはポンしても点数が下がるようなことはないんですねヤレヤレヽ(~~~ )ノ』


谷川『この役を完成させると、後で紹介する「対々和」か「七対子」が絶対に一緒に完成することになるんですため、
2翻の役ですが「混老頭(ほんろうとう)/2翻」+「対々和(といといほー)ホウ/2ハン」で絶対に4翻になります。

「ホンロウ対々和(といといほー)」または「対々和(トイトイホウ)ホンロウ」と一緒にされてしまう時が多いです。

なんていうんだろうか、携帯電話を購入する場合の「本体価格1万円」+「事務手数料3000円」みたいな感じで、どちらか片方だけというのが無理です!
絶対にセットになるんですよ! これは後で「対々和(といといほう)」の説明を読めば理解できますと思います。

ポンをしても食い下がることはないので、ポンを有効に使ってください。
手を読まれやすかったり、終盤に危険牌を捨てなければいけない弱点は、「純全帯公九(ジュンチャン)」「混全帯公九(チャンタ)」と同じです。』


飯塚『まあ、見たかんじはポンせずに完成させるのは難しそうです(-。-;)』



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

混老頭(出現割合:0.08%)
国士無双の延長線上で展開されるのがこの混老頭。
二翻役ではあるものの、対々和が100%入るので実際は満貫が約束されている役。三人麻雀ではそこまで難しい役でもないので、赤ドラが無いDORA麻雀で満貫確定というのも魅力なので狙いに行く価値はあるかも?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ(-ω-;)ウーン


今晩はこの辺で
しっかし今日は頭が痛いなあ
お休みなさい~(=^‥^)ノ☆ おやすみニャ。

DORA麻雀とは




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 12:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。