2014年04月05日

映画「いちご白書」の感想 & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 115 $の負け

昨日、血液検査の診断結果が返ってきましたヾ州≧∇≦州ノ彡☆力" ノヽノヽノヽノヽ!!

結果は
全て正常Ψ( ̄∇ ̄)Ψワッハッハ~♪

あーマジで問題無しでよかった
近頃、エアロビクスを週2回してる結果ですかね?ばんばんっ!┃ヾ(≧▽≦)oひゃっはっはっ!!

これからも続けようΨ( ●`▽´● )Ψ キャハ♪

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ここ最近映画命な感じなのでオススメ映画の感想をご紹介したいと考えています!!_(-_- )ノ彡☆ばんばん!

え!?あんたのレビューではないの??
という感想はスルーでニャハハ!(≧∇≦ )人( ≧∇≦)ニャハハ!


今回は「いちご白書」の感想について紹介しようかと思っています。ψ(*`^´)ψウケケ


この映画の製作年は1970年です!

監督はスチュアート・ハグマンで、脚本がイスラエル・ホロヴィッツです!ヤッター!(^.^)>(^.^)>\(^_^)/

この映画の主役はブルース・デイヴィソン (サイモン)です!!どんなだろう・・?(・・*)。。oO(想像図)

取り敢えず、この映画の出ている人を列挙するとブルース・デイヴィソン (サイモン)、キム・ダービー (リンダ)、バッド・コート (エリオット(ボート部の舵手))、ボブ・バラバン (エリオット(学生運動主催者))、ジェームズ・ココ (食料雑貨店店主)、イスラエル・ホロヴィッツ (ベントン博士)、ジーニー・バーリン (クリップボードを持った女子学生)、エドラ・ゲイル (秘書)、マーゴ・ウィンクラー (女学生)って感じですね。(ノ∇≦*)キャハッッッ♪

若い時というのは、いつも真面目なものの中に

そっとセックスというテーマを隠そうとしていると思うんで

す。





そうじゃないと同年代の女の子に嫌われますから。





当時の学生さんは、やっぱり女の子に

もてたいから…学生運動を…。



ただ、はたからはそれも青春と言うことに

見えるでしょう。



そして、この映画はそこにあるむなしさとても良く表している。





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

麻雀の役って一杯ありますよね~_( ゚Д゚)ノ彡☆ギャノヽノヽノヽノヽ!! ノヾンノヾン!!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回はチャンタに焦点を当てたいと思います!!!!( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ


喰い下がりありの二翻役(鳴いた時は一ハン役)。

公九牌(数牌の1・9と字牌)を交えた面子だけで構成した際に成り立つミ卍クルッ ミ(ノ゚^゚)ノ 登場!☆⌒(=゚ω^)v♪


上位役として老頭牌(数牌の1・9)を交えた面子(メンツ)のみで構成した
純チャン(純全帯公九、三翻役)と、

中張牌(数牌の2~8)を用いず公九牌のみでメンツを構成した
混老頭(ほんろうとう)(それ自体は二翻役だが対々和(といといほー)か七対子(ちーといつ)が

必ず複合するから実質的には四ハン役)があります│出口│ヽ(^ ∇^* )ツ....... バイバーイ♪


愚形待ちになりやすい上に使える牌が非常に限られるので読まれやすい。

難易度が高い割には報われない役ですね。もっと評価されるべき?c(゚.゚*)エート。。。

ただし面前での役の複合には強い傾向があり、
イーペイコーや三色同順(サンショクドウジュン)と複合させることで真価を発揮できる。


また完成系も非常に美しいので、コアなファンもいるとかいないとか( ̄∀ ̄*)イヒッ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀の評判・登録促進


DORA麻雀の登録は?Ⅳ

DORA麻雀の解説を見てみましょう



------------------------------------------------------

チャンタ(出現割合:1.24%)
単品ではなく「役牌」や「一盃口」「混一色」も視野に入れて作る傾向がある役。
三人麻雀の場合、マンズの2~8が省かれるので比較的に簡単に上がれる様な先入観があるが、実際は三人麻雀でもその出現率は想像以上に低い。何か他の役を狙いに行くついでに視野に入れる、といったスタンスで良いだろう。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。。。。o(゚^ ゚)ウーン


今から9時間後にはついに中学3年生の友だちとの麻雀だ。
楽しみだなあ~~∩(^∇^)∩バンザーイ♪

こちら


DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 164 $の勝ち & 映画「グローリー」について




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 19:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。