2014年04月08日

映画「幸福な食卓」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 102 $の負け

今日はお昼過ぎからやや快晴なんだって'`ィ(´∀`∩

天気が良いならば飲みに出てみよっと┗┓ ̄旦 ̄┏┛フフフ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ここのところ映画大好きーな感じなのでお勧め映画の感想をご紹介させて頂きたいと燃えております!パチパチパチ o(^ー^)o☆o(^ー^)oパチパ

ってテメエの感想じゃないのかよ!?
という感想はスルーで_(T▽T)ノ彡☆ばんばん!


本日は「幸福な食卓」の感想ですね!!(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


この映画の製作年は2006年です!!

監督は小松隆志で、脚本が長谷川康夫です。┫ ̄旦 ̄┣ ロボにやり!

この映画のメインは、北乃きい (中原佐和子)です。(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・

この映画の出ている人を列挙すると北乃きい (中原佐和子)、勝地涼 (大浦勉学)、平岡祐太 (中原直)、羽場裕一 (中原弘)、石田ゆり子 (中原由里子)って感じですねκ(`・´)κケケケケ♪

恋人が不慮の事故で亡くなるという悲劇を

含みながら、なかなかうまくまとまった良い話だと思います。



恋人の死というものを事実として受け止めなが

ら、過去を自分の中での綺麗な想い出として残し、

その後の人生を生きていく。

出会いというものがそこにあれば、

やがて別離というものが必ずやってきます。

その時、人は死というものにどう向き合っていけば

いいのか。





そのヒントがこの作品には込められていると思います。

忘れるのではなく、心の奥底にかけが

えのない記憶として残しながら、今の人生を

精一杯生きて、前へ進んでいく。





ただ単に哀しい話で終わらせず、こういったメッセージを

観る者に残した本作は、なかなかの作品なんじゃないで

しょうか。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

麻雀の役って一杯ありますよね~。o(>▽<)o ウキャキャウキャキャ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回はチャンタを説明したいと思います!!!( `.∀´)イヒッ(旭化成風)


混全帯公九(チャンタ)

手が字牌、1 ・9牌を使っているメンツのみで成り立つ。

字牌や1、9牌が多い時に狙う役であり、序盤から捨て牌が中張牌になりますため、
相手に役が見破られやすいです。


狙って作る役ですが、2面(リャンメン)待ちになりづらいので
あがりづらく、割りにあわない役です。

役牌と絡ませて、鳴いて和了することが多いです。

鳴いても成立し、食い下がり1 ハン役です。



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


------------------------------------------------------

チャンタ(出現割合:1.24%)
単品ではなく「役牌」や「一盃口」「混一色」も視野に入れて作る傾向がある役。
三人麻雀の場合、マンズの2~8が省かれるので比較的に簡単に上がれる様な先入観があるが、実際は三人麻雀でもその出現率は想像以上に低い。何か他の役を狙いに行くついでに視野に入れる、といったスタンスで良いだろう。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・


今から11時間後には待ち焦がれた小学校の友だちとの麻雀だ。
楽しみだなあ~~y( ̄ー ̄)yピースピース

DORA麻雀 戦略




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 22:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。